ポイントは、ともかく自動車購入時に価格を少しでも安くしてもらうこと。

自動車本体に払う価格が安くなるだけでなく、自動車取得税や消費税も購入価格に比例して安くなります。では、自動車購入時に少しでも安くしてもらう方法とは?

 

1. 事前の情報収集
まずカーショプに行く前に、自動車専門雑誌やインターネットなどで、事前の情報を仕入れておきましょう。
自分がほしい車の標準価格と最安値、どの程度のオプションを無料でつけてもらえるか、など、ある程度目途をつけておく方が交渉しやすいです。

 

2. 見積もり&試乗は数社から
車種は最初から1種類に絞り込まないこと。自分がほしい車と同程度のグレードの車が他社でも出ているはずです。
また、自動車は実際に乗ってみないと居住性や運転時の感覚をつかむことができません。 雑誌で想像していたのと実際乗ってみた感じが違う、ということはよくあることです。
ともかく色々なディーラーを回って、車試乗体験をする、見積もりを取ってもらう…自動車選びの基本ですね!

 

3. 交渉は具体的に
ある程度欲しい車の目途がついたら、セールス担当者と交渉に入ります。
その時、トヨタのカローラがほしいなら、日産のサニーを引き合いに出す等、なるべく具体的に話を進めて行きましょう。
「○○ショップさんなら、○円値引いてくれる」など、競合他車の状況を話題に出すと、値引きしてくれる(もしくは無料でオプションをつけてくれる)可能性が高くなります。

 

4. どうせ買うなら決算月
販売店と名がつけば、売り上げ成績は当然UPさせたいもの。自動車販売業界では9月と3月が決算月になります。
その月までの売り上げ合計が半期の決算成績に結びつくわけですから、当然のことながら9月と3月(特に中旬以降)は値引きしてもらえる確率が高くなります。

 

ともかく事前の準備が大切ということです。情報収集は必須事項。
ただ、セールス担当者も人の子ですから、あんまり露骨な値引き交渉や、高圧的な態度は嫌われます。
車を買う場合、担当者とは購入後も長いお付き合いになります。
今後の便宜をはかってもらうためにも、お互い気持ちの良い交渉をしたいですよね!