自動車は購入するときも、所有しているときも税金を払わなければなりません。
普通は「自動車税」を払えばいい、と考えがちですが、
実は様々な税金を払わなければならないのです。

1. 取得した時に払う税金
   自動車取得税 自動車税 自動車重量税 消費税

2. 所有している時に払う税金
   自動車税 (軽自動車は軽自動車税)

3. 車検の時払う税金
  自動車重量税、(車検を業者に任せる場合)消費税

4. 車を走らせている時払う税金
  消費税 + [ガソリン車(揮発油税、地方道路税)、LPG車(石油ガス税)、 ディーゼル車(軽油引取税)]


なお、自動車税は、色々な条件によって免除されたり、安くなったり(減免)される場合があります。
ただ都道府県に支払う地方税のため、自動車を登録している地域によって減免条件は微妙に変わってきます。
これが、引越ししたら税金が高くなったり低くなったりする理由です。

自動車税の税率や減免条件は、各都道府県のHPに詳しく掲載されていますし
平日のあまり忙しくなさそうな時間帯なら、直接電話して質問しても結構丁寧に答えてくれます。 (お昼前や夕方5時前は避けた方がいいです!)

引越しなどで住むところを探すときは、候補地の自動車税、調べて&比べてみるといいかもしれませんね!

 


余談になりますが、保険料や住民税、受ける事ができるサービスなども、市町村によって全然違ってきます。
自動車税だけでなく、トータルでどの地域がお得になるのか、きちんと調べておくことをオススメします。